本の綺麗度で値段が変わる

もう読まなくなった本であっても、捨てるのではなく売る選択ができる時代になりました。いろんな中古買取販売店があり、そのなかでも本を買取ってもらうことができます。ただ本はゲームやCD、DVDと違って値段が落ちやすく、また汚れも目立ってしまうことが多いです。本が汚くなることで買取査定にも影響を与えることを知って、本買取をしてもらうようにしましょう。

顕著にそれは現れる

ちょっと考えてみましょう。埃まみれであったり、なにかこぼしたような跡がある本を購入したいとあまり考えないはずです。お店にとってみれば、本買取を希望している人にお金を支払って購入するわけですから、売る側としては綺麗にしなければなりません。これはもはや義務です。綺麗にして売るようにしましょう。
あまり本は想像以上の高価な査定価格がつくことがありません。だからこそ綺麗にしておかなければ、良い査定価格がつかないことを理解しておきましょう。たとえば、本来は500円で査定価格がつくものを100円に下げられたり、また買取を拒否されることもあります。綺麗なものであれば、それだけ査定価格に影響を与えませんので、できるだけ綺麗にしておきましょう。

綺麗にして売る

簡単なことです。本買取の査定を申し込むときに一通り表面上だけでも拭き取るようにしましょう。表紙の質の問題でどんなに丁寧に扱ったとしても細かい傷がついてしまいますが、汚れくらいはとっておきましょう。柔らかいクロス、またはテッシュペーパーでも構いません。表紙の肌触りが良くなる程度まで綺麗にしておくだけでも、印象がまったく違います。

落ちない汚れ

どうしても落ちない汚れがあります。表面は紙ではありませんので、燃料系のアルコールで落ちる可能性があります。ただ中身の紙にそれが触れてしまうと、染みの原因になりますので、気をつけながら作業を行ってください。誰が見ても汚れが目立つような場合は、買取をしてもらえない可能性もあります。
「自分にとってこの程度の商品は欲しいのか?」。この感覚が求められますので、せめて自分が購入したいと思えるように綺麗にして本買取をしてもらいましょう。

どこまで見ているのかは査定人次第

これは運になります。この程度くらいの汚れは見逃すという店員さんもいますし、以前はこの程度でも買い取ってもらえたのに、違う店員さんであれば無理だったということも良く起きる業界です。自分の許せる範囲までは綺麗にしておくことにデメリットはありません。

日頃から綺麗に扱うことが大切

yjdtyjdt
普段から物を大切に扱っている人であれば、本の汚れもそんなに目立つようなものはないはずです。湿気が多い場所に放置していれば、それだけ品質も落ちます。普通であれば売るときのことを考えて、保管をする人はあまりいませんが、大切にする気持ちを持っていれば、いつでも売る状態を保つことができます。
物を大切に扱うようにすることが、いざ本買取を希望するときにあわてない方法です。何も特別なことをする必要がありません。綺麗な状態に保っているだけで良いですので、読んだ後は本棚に収めておくなど、日頃から本を丁寧に扱うようにしましょう。
売りに行くときは、せめて綺麗にしておくことが大切です。「自分なら」の感覚がとても大切ですので、その感覚を忘れずに自分が許せる範囲できれいにしてから、本買取の査定を受けるようにしてください。普段から丁寧に扱うことが大切です。

新着情報

◆2016/04/26
本の綺麗度で値段が変わるの情報を更新しました。
◆2016/04/26
当HP更新者を新規投稿しました。
◆2016/04/26
高く売るための努力の仕方の情報を更新しました。
◆2016/04/26
売れない本の種類を知ろうを新規投稿しました。
◆2016/04/26
サイトマップを新規投稿しました。